12月のたそがれ

その空がいちばんきれい。

今野敏『隠蔽捜査』

久々に「半沢直樹」シリーズを読み返して、何か別の勧善懲悪モノを読みたく思って手にとってみた。

原理原則に忠実な「変人」警察官僚を主人公に据えた警察ミステリー。組織の隠蔽に待ったをかける主軸の裏で、仕事に忠実に生きる人間が直面する家族問題が描かれる、二重螺旋のストーリーが光っている。

主人公は「いかに正しい官僚としての仕事を全うするか」を基準に、ひたすら理詰めでモノを考えていくため、妥協を全く許さず、いわゆる「綺麗事」を「本音」として語り、そして実行していく。ちょっと友達になりたくないタイプだが、裏表ない性格に自然と共感してしまう。

続編も読んでみようかな。

 

隠蔽捜査(新潮文庫)

隠蔽捜査(新潮文庫)